So-net無料ブログ作成
検索選択

柏市農政課からの電話に怒り心頭 [原発]

9月4日に、柏市の農政課に以下のメールを送りました。
「これでは参考になりません(市内農産物の放射性物質の検査結果)

9月2日付「市による農産物の放射性物質の独自検査の実施について」を読みましたが、これでは消費者として安心して買うことは出来ません。WHOの基準は10Bq/kg、ドイツ放射性防護委員会に至っては、大人8Bq/kg、子供4Bq/Kgです。柏市の測定下限値はこれを上回ってしまっています(ついでに、国の暫定基準値はそもそも笑ってしまうくらい高くて信用できませんので、掲載する意味はないと思います)。また、セシウム、ヨウ素だけを問題にされていますが、トリチウム、プルトニウム、ウラン、ストロンチウムなどより危険な他の核種も飛来している可能性があるのに、それも検査せず安全などいえるはずもありません。したがって、私は柏市の農産物は買いません。」

すると、今日、農政課の坂巻という職員から電話がかかってきました。
(ブログに書くので名前を教えてくれ、と言ったら教えくれたので実名で書いています)

放射線についてはかなり詳しいらしく、滔々といろいろなことを言っていましたが、要するに市としては最善を尽くしており、私が柏市の農産物を買わないという姿勢も理解はできるが、大変残念だ、ということのようでした。

あまりに専門的な説明ばかりだったので、とても全部は理解できませんでしたが、断片的に、覚えているところを書くと、
「柏市ではスクリーニング検査をした後に、詳細な検査をするという体制であり、できる限りのことをしています。」
「ドイツ放射線防護協会の出した勧告がベースとした核種分析と、福島第一から放出された核種の構成は異なっており・・・・」
「ストロンチウムは問題ですが、β線を測定できるβスペクトロメータは数百万円と高価で、重さも数トンもあり・・・」
「福島第一由来のストロンチウムの飛散マップは徐々に公表されてきており、政府の調査もだいぶおいついてきている状況です・・・」
(なぜストロンチウムだけにこだわるのか不明だった)
「そもそも自然由来の鉛やビスマスなどの核種が自然界にはたくさんあり、それだけでも結構な被曝であり・・・」
「できる限り放射線には当たらないほうがいいというのは確かですが・・・・」
と、まあ、こんな感じだったと思います。正直言って、専門用語続出で半分くらいしか理解できませんから、もっと難しい用語が目白押しでした。
坂巻氏、それを10分くらいも滔々としゃべってくれました。黙って、ふんふんと聞きました。

話が切れたところで、私は言いました。
「あんたさあ、市民にこんな説明して回ってんの?こんなので理解できる市民なんていないよ。何考えてるの?
なんだか、原子力安全保安院みたいだね。難しい言葉を並べて丸め込もうとしているようにしか見えないよ。
そもそも、私は、内部被曝に関する疫学的な調査がきちんとなされていない段階では、政府や行政が採用しているICRP基準なんてとても信用できないと言っているだけです。だから、より低いWHO基準やドイツの放射線防護協会の基準を採用すべきと申し上げている。」

坂巻氏は、丸め込もうだなんて違います。ご質問があったので、説明をしているだけなんです、といったような釈明をしておりました。

そして、最後に言った言葉がまさに傑作でした。
「おっしゃるとおり疫学的には確かに内部被曝の危険性の線引きというのは出来ておりません。ですが、それは医学の範囲ですので、農政課としては関与できるところではなく、基準に従って、できる限り検査をしているということでして・・・」

語るに落ちる、とはこのことです。私は言いました。
「あなたは確かに自分の職務を忠実に実行しているだけなんでしょうが、それで市民の健康が守れるとは思えません。まさに縦割りですね。だから私は行政も政府も信用してないんです。これ以上お話しても無駄のようですね。はっきりとした健康への影響について分かってない以上、信じるか信じないか、という議論になってしまうから無駄です。失礼します。」
あきれてしまって、これ以上話す気がしません。電話を切りました。

役人とは、みんなこんなものなのでしょうか。
自分のした仕事の全体を考え、何のために仕事をしているかを考える役人というのはいないのでしょうか。

今、まさに柏をはじめ日本人の健康や暮らしが危機にさらされているのです。
今、手を打たないと、将来、子供やその次の世代がどんどん病気になってしまうかもしれないのです。
そして、役所以外に誰が手を打てるというのでしょうか。

そもそも役所は、なぜ、縦割りで責任の所在があいまいな自分達のあり方にそんなに鈍感でいられるのでしょう、なぜ、そんな自分達を恥ずかしいとかおかしいとか思わないのでしょうか。
その鈍感さに本当に腹が立ちます。
その鈍感さが子供たちを殺すかもしれない、それに早く気付いてほしい、そう思います。

そして私も反省。
もっと坂巻氏に前向きな取り組みを促すような説得が出来なかったかと。反省です。
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 9

SY

あれ?自分が近所の市有地の枯れ葉で困っていると市役所に電話したら、土木部道路管理課でも坂巻さんと言うかたが電話に出ましたよ、、、。まさかの掛け持ち?だとしたら、完全に市民をなめてますよね、、。
by SY (2011-09-06 15:59) 

koyaG

SYさま>今回の坂巻氏は、さほど年齢はいってない感じ(30代半ばくらい?)で、落ち着いたソフトな語り口の人物でした。専門用語がすらすらと出てくる辺り、そしてそれを相手が当然理解できると思って一方的にしゃべる辺り、象牙の塔に住んでいたことのある理系だと思います。道路管理課もそんな人でしたか?
by koyaG (2011-09-06 21:42) 

SY

koyaGさま、そうですね、30中から40中といった印象でした。幅広くすいません。語り口は滑舌良く、こちらの意見も最後まで聞いて下さり印象は良かったですが、やはり要望や質問に対しての返答は残念ながらお役所的でした。それなりに誠意は感じましたが、市への信頼に足る対応には程遠いと言った所でした。様々意見ある所だと思いますが、市民目線を心掛けて頂きたいですね。
by SY (2011-09-07 10:59) 

東

アスファルトの除染についてですが、水ではなく熱湯をアスファルトに流しながらデッキブラシでこするという方法はどうなんでしょうか。
完全に素人の考察ですが、セシウムの融点は30℃と低く、
熱湯をかければ溶けて流れるという現象もあるかもしれないと思うので・・・

ここのブログの方によると、水より熱湯で洗浄したほうが効果があったようです
http://311gyosei.blog39.fc2.com/blog-entry-131.html

自分はガイガーを持っていないのでこの効果を確かめようがなく、
もしかしたら事態を悪化させてしまうのかもしれないので
人に堂々と進められるものではありませんが・・・
by 東 (2011-09-11 16:39) 

TOY

コメを書くのは初めてです。私は花野井(東急ビレッジ)に住んでる40台前半パパですが、手持ちの堀場PA-100で計っており、駐車場(インターロッキングブロック)等濃縮されてると思われるところは、軒並み1μSV/hは超えています。庭の芝生は、0.6~0.8(すべて地表)。あるブログ等によると、低レベルのウラン、コバルト60も柏市では検出されているようです。私も放射線対策課の人間とは一度話しましたが、市長も含め政府に右習えという姿勢は一生変わらないだろうと再認しました(さほど期待はしていませんでしたが)。危険な核種がフォールアウトしているのにもかかわらず、国と同様に公表はしないでしょう。かけがえのない小1中1の娘のため苦渋の選択ではありましたが、先週沖縄に妻と子2人をしばらく(とりあえず賃貸なんで2年スパン)移住させました。自分はここにとどまってます・・・。危険な核種・正確な土壌汚染の公表・食品等暫定規制値の低減を実行するまでと思ってますが、そういう日は来るのでしょうか?
by TOY (2011-09-11 21:52) 

koyaG

東さま>レス遅くなってすみません。熱湯、今度やってみます。ありがとうございます。
by koyaG (2011-09-16 15:29) 

koyaG

TOYさま>遅レス、申し訳ありません。私も息子とかみさんを断続的に春~夏、宮崎の実家に逃がしました。心中お察しします。暫定基準値など政府の対応ですが、私も何もしなければ基本的には何も変わらないと思ったほうがいいと思っています。
20msvが1msvに変わったように、少しは政府内にも良心的な人がいて、遅まきながら少しずつ下げてくれるにしても、それは希望的観測に過ぎません。
今回の件ではっきり分かったことは、政府、行政、政治をあてにしないこと。そして、資本主義と民主主義は原則的に両立し得ないということだと思っています。現代の先進国家のベースとして、資本主義&民主主義はセットで存在していますが、両者は常にせめぎあっており、油断すると民主主義は資本主義に押しつぶされてしまいます。間接代表制による選挙の実態が国民から遠ざかってしまっている以上、国民はデモでもなんでも声をあげつづけるしかないと思います。
by koyaG (2011-09-16 15:45) 

kaa

はじめまして。
私もアスファルトや屋根の除染について色々調べておりましたが東様が仰っていた通り、冷水よりも温水のほうが効果があるかと思います。
http://ameblo.jp/u-sa-kichi/entry-11016250456.html
(「原子力安全」調査専門委員会情報によると冷水よりも温水のほうがより効果的なようです)

また屋根については「原子力安全」調査専門委員会によると
「建物の屋根の汚染を回転ブラシなどにより洗浄、除去率50~85%程度(沈着後10年まで有効)」のようです。

また、コンクリート除染の成功例として以下のような方法があるようです。
http://blog.goo.ne.jp/tomomigoro/e/d3cbbe98c47110d57ec6c0a327fe52f0

除染の実験をするなら、東様が紹介した熱湯だけでなく、成功例を試してみてはいかがでしょうか。
でも、期待しながら良い効果が得られなかった場合、非常に精神的ダメージが大きいので
ダメもとで実験してみるのが精神衛生上良いのかもしれませんね…
by kaa (2011-09-17 23:14) 

koyaG

kaaさま>ご助言ありがとうございます。温水や重曹&クエン酸はぜひ試してみたいと思います。表面がアスファルト、あるいは透水性アスファルトなので、コンクリほどの効果は望めないかもしれませんが、おっしゃるとおり、ダメもとでやってみますか♪
また、よろしくお願いします。
by koyaG (2011-09-18 10:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。