So-net無料ブログ作成

熊本 桃花源 [中華]

実は、実家は九州の佐賀です。そうです、がばいばあちゃんです。北高、甲子園優勝バンザイ~。ごわす~、ってそれは鹿児島。
ま、それはともかく、こないだ里帰りしてきました。目的は、もてぃろん、胃袋を喜ばせるため。
まず向かったのは佐賀ではなく姉が住んでいる熊本。うまいモンはオーダー済みですよ。

熊本ホテルキャッスル 桃花源
熊本県熊本市城東町4-2熊本ホテルキャッスルB1F
096-326-3311(代)
http://www.hotel-castle.co.jp/

姉が予約してくれたのが、熊本の名門ホテル、キャッスルのメインダイニング、桃花源であります。
なんでも、ここで開店以来シェフをされていた斉藤さんという方は、あの陳建民の一番弟子なんだそうです(詳しくはこちら)。今はキャッスルの社長(!)になっているので厨房には立たず、その部下の方が作っておられるそうですが。店に入ると、鉄人の格好をした陳建一氏の写真なんかが飾ってあるのが、いかにもであります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桂林(池袋ホテルメトロポリタン内) [中華]

今日から、左のバーエリアに、僕のペット「イヴちん」を登場させてみました。かわいがっておくんなまし。

休日ランチを優雅に、ということで近所のホテルに行ってきました。
上階のラウンジでのケーキ食べ放題が有名な他は地味な印象のあるホテルですが、なかなかレストランの充実したホテルだということがわかりました。
池袋って、良いお店が本当に少ないので、迷ったらこのホテルに来るのが正解です。

2Fの中華「桂林」は、昼時とあって8割の入り。おじいちゃん、おばあちゃんから孫まで総出の家族連れも多く、なんだか壮観。隣のテーブルでは、若いカップルの男性が、遅れてやってきた女性の両親とおぼしき二人に「はじめまして」なんて、顔見世の儀式をしてました。ご近所の人がちょっとよそいきに使う店なんでしょうね。

海老とワンタンの汁そば(1,600円)

正直言って、あんまり期待していなかったのですが、なかなかどうして、上湯スープの深み、すっきり感はたいしたものです。あっさりしているのにコクがあって、程よい塩加減で、化学調味料は使っていたとしても非常に控えめでしょうか。油通しした海老もきちんとぷりぷり、小ぶりなワンタンも皮がもちもち、中身の肉汁加減もしっかりで良い出来でした。難をいえば、麺が少々カンスイ臭いところくらいでしょうか。思い切り吸い込むとちょっと鼻にくるのです。
でも、全体としては真っ当な良い出来でした。この値段なら当然ともいえますが。

でも、実は連れの頼んだ、「特製五目あんかけおこげ」(1,800円)はさらに美味しかったのです。
もってりとした、どろどろのあんがかかったおこげは、程よくしんなりして、おこげというより、フカヒレのような食感。あんは、黒酢ベースで、黒コショウの香り、辛味がきつめにきいた強い味ですが、他にもいろんなものが入っているのでしょう、複雑な味のハーモニーが得体の知れない深さでした。
次にきたら、僕は迷わずこれを頼みます。

デザートとして、二人で半分コした、「マンゴーあんの団子(2個)」(500円)も良かったです。黄色く濃厚なマンゴーの餡、とろっとやわらかい薄い餅、香ばしいココナッツの粉末があいまって、官能に深く訴えてくる食感、香り、甘さでした。
香港から腕の良い点心師を招いているそうです。

飲み物は頼まず、お茶で通したのですが、最初は鉄観音ぽいもの、食後はジャスミンティー、どちらもポットで出してくれて、さらに木の実系のお茶うけ2種までサービスでつけてくれて、とっても得した気分でした。

安くはないけど、味わった料理、サービスからすると、結局コストパフォーマンスに優れた良い店といえました。何よりも、真っ当なのが良いですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。